カエルヒーラーセイルと純エルフサフィのまったりのんびり生活記録
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


踏まれるカエル
2006年10月28日 (土) | 編集 |
無限での暮らしもだいぶ馴れてきた気がする20日目です^^

今日もヘイブンでエスコートののち、ブリに遊びに行きました。
相変わらず人に会えません。
というかあえても避けられている気がします。
カエルだって生きているんだ友達なんだ、と声を大にして叫びたいほどです。
早くラマにならないとふかふかしてもらえないのかな、と思いつつブリに行くと、先日遊んでいただいたカステラさんが声をかけてくれました^^

061027-1.jpg

いい人だTT

と思っていたら、あり地獄に噛まれた。

061027-2.jpg

よくない人だ!


ブリには赤ネームの派閥の皆さんもいたりして、なかなかの賑わいでした。

061027-3.jpg

最近、町で赤ネームを見ても動じなくなりました。
ついでに、ブリで1日1人誰かが死んでいても普通になってきました。
慣れって怖い^^;

ふと気がつくと、横にでかいオークなおっさんがいたので、並んで立ってみました。

061027-4.jpg やっぱりでっかいなあ。

061027-5.jpg その直後踏まれたTT 

こ、コイツ大嫌いだああああ><

その後はカステラさんに「ルナやヘイブンでもPKいるから気をつけるんだよ」と優しい言葉をかけていただき、舞い上がるカエルくんです。
実は魔法が解けると美しい人(型の着ぐるみ)になるはずなのですが、ここでの私はカエルくんなのです。
友達で牛くんがいるとなおいいので、今度ブリにはいるときはどこからか拉致してこようと思います。
いろいろと話をしていると、カステラさんから「カエルくんは何になりたいのかな?」と尋ねられました。
カエルくんはもともとオタマジャクシだったのでこれ以上変態することはないのですが(セクハラもしません。変態はしないのです)少し悩みました。
そして、答えました。
カエルはシェフになりたいのです、と。
びっくりされました(笑)
いいんです、役に立たないカエルでいいんです。
無限だからこそ、役に立たないキャラで生きていくのです。
そんな苦悩するカエルは「To be or not to be...」と呟いたりしたとかしなかったとか言われております。詳細は不明です。
そんな無駄な文章はどうでも良いのですか。そうですか。
そんなことをしていると夜も更けたので、ヘイブンに戻ることにしました。カエルがお金を稼ぐにはクエストをして貢いでいただくしかないのです。
そんなカエルの為に、カステラさんはヘイブン行きのゲートを出してくれた上に、PKに気をつけるんだよと声までかけて送ってくれました。いい人です。今ならキスしてもらったら人間に戻れた気もするのですが、もう遅いです。こういうことは催促してはいけないのです、うむうむ。
というわけで、お礼を言ってヘイブンに戻りました。
楽しいひとときでした^^
無限の皆さんと話していると、気がつけば丁寧語ではなくなっていることが多いです。無礼なのです。すまんです。
そんな親しみやすい空間で落ち着くなあと思ったりする今日この頃。
カエルも楽しいなと思うのです。
でも移動するときは遅れちゃうから、ラマとかオスタに化けられるくらいまでスキルあげよう^^;
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。