カエルヒーラーセイルと純エルフサフィのまったりのんびり生活記録
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2006年11月14日 (火) | 編集 |
夜中にGGSのように少しだけ料理と忍術あげて落ちようとコソコソ入ったら、どこかで見たことのある赤いローブのエルフのにーさんがいました。
。。。

061114-1.jpg

カステラさんだ。
狐とルンビ連れてる。
実はスゴイテイマーさんだったのか。
と、感心していると、カステラさんが「カエルのくせに」などと言っていぢめるので、ついこちらも「エルフのバーカバーカ」と子供のような応対をしてしまいました。
てへ♪

そして少しおしゃべりしていると、カステラさんは自分のペットたちに中国語とハングル語で命令を出しました。
実は中国人だったのか!というと、中国語の命令にはペットが素早く反応するのだとのこと。
アメリカのゲームのくせに。
。。。
共産主義者だから赤いローブだったのか!
などというと、もちろん「んなあほな」と言われました。うひひ。

そんな軽いジャブはここまでにして。

獣医がROTに入ったことを報告すると、カステラさんが自分の狐にブレスをかけて少しHPの上限をあげてくれたので、まきまきして0.1あげさせていただきました。
ありがたや。。。

ワタシはというと、またもやたくさんカボチャパイを作ったので、ベンチの上にいつものように並べつつ、無限の皆さんのおしゃべりする姿や殺し合いなどを見物しておりました。
今日もまた赤い人と青い人が町中で死闘を繰り広げております。
今日の赤い人はラマの姿で死亡しました。
同じ死体なのに、ラマで死ぬと哀愁感が10倍くらい違う気がします。
なんか毎日ブリの町中で死体を見ているので馴れてしまいました。
そんな世の中に擦れたカエルです。

061114-2.jpg

でもなんだか和やかな無限なのですよ。

061114-3.jpg

動物もたくさんいます。森の仲間達と言った風情ですよ。

危険が去ったのでおしゃべりしていると、いかにも「初期騎士クエスト終わりました」という格好の男性がやってきました。
何でも随分昔にやっただけとのこと。
それで無限に来るなんて、剛毅なお方です。
仕様が変わっているので忍者のことも知らなかったらしく、カエルのワタシにびっくりしていました。
よしよし。掴んだな(マテ
周りにいた皆さんが騎士様にアドバイスをし、馬を調達したり、どこで狩りをするといいなどの話をしていました。
ワタシも調子に乗って騎士リコは使えないんだよなどとエラソウに言ってみました。
まだ28日目なんだからおとなしくしておきなさいって感じです^^;
ごめんなさい_(_^_)_

それにしても、無限に来て1月ほどたちますと、馴れてきて危機管理がおろそかになります。
バックパックのぞき見されていますとでてもガードも呼ばないし^^;
むしろ小袋にいろいろと詰めてドキドキしながら覗いてくれよとか思ってるし!
擦れたカエルです。
今度、バックパック内に辞世の句を書いた本とお菓子の詰め合わせでも入れておこうと思います。
やっぱりタイトルは「カエルの死」ですかね!

ちなみに今考えた辞世の句。

冬眠を せずに街まで でてみれば
 心身共に 風が吹きけり

意味は「カエルが冬眠もしないで町に出ちゃったばっかりに(PKされて)心身共に世間の冷たい風に晒されてしまいました」って感じです。
なんかイマイチだな。
もっと考えよう。
いっそ、読んで涙するような童話でも書くか(ひいい

って、そんなコトするくらいなら@ガードと叫びましょう^^;

そんな夜更けでした。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。