カエルヒーラーセイルと純エルフサフィのまったりのんびり生活記録
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ブリのお城で殺人事件が!
2008年07月13日 (日) | 編集 |
7/12の夜、ヘイブンのタウンクライヤーがなにやら騒いでいるのを見つけました。

080713-1.jpg

いや、今のアナタの周りの方がよっぽど猟奇的(げふげふ

まあ、それはおいといて。

なんでもブリテインにあるロードブリテッシュ城にて凄惨な殺人事件があった模様です。

それは大変だ、等といいつつ銀行前でムシカ師匠やキカちゃん、フェレットのギンちゃんとまったりしていたんだけど。

080713-2.jpg

何となくいってみても良いかな、と思い立ったのでお城に行くことにしました。

おしゃべりしていたみなさんにそういって、手を振って別れたあと、お城に向かいます。

ブリテインのお城では捜査官のジャスパーさんがイラっとしながら騒いでいました。

080713-3.jpgびりびりしてます。

協力しないんなら邪魔するなというジャスパーさんに協力するよというと。

080713-4.jpg

さすが公僕!手のひら返した!!

なんだかなー、と思ったけれど、カエルの手も借りたいほど大変なようなので、ちょっくら回ってあげようかね。

そんなわけで話を聞くと。

ジャスパー:助かる。出来る限りの手助けが要る。
      “被疑者”を特定する“手がかり”を押さえなければ。

セイル  :被疑者?
ジャスパー:“FOA”が今回の虐殺に関して犯行声明を出した。
セイル  :“FOA”ジャスパー:「Follwers of Armageddom」
       大いなる滅びの使者とでも言うべきか。
       ソーサリアを滅ぼそうとする狂信的カルトだ。

セイル  :“手がかり”
ジャスパー:手がかりになりそうな物を持ってきて欲しい。
       “殺人者”を特定し“不明者”を捜索するための手がかりだ。

セイル  :“殺人者”
ジャスパー:“被疑者”は一人ではない、と信じるに足りる“理由”はある。
       一人で全員を殺害し、“誘拐”できるとは思えないからな。

セイル  :“誘拐”
ジャスパー:ふむ。“Casca卿”、“Avery隊長”、“Aileen婦人”、そして
       ねずみの“Sherry”が行方不明だな。

セイル  :“Casca卿”
ジャスパー:Casca大使は昨夜、評議会の部屋に入ったのが目撃されているが、
       その遺体は発見されておらん。

セイル  :“Avery隊長”
ジャスパー:Avery隊長は“Francesco卿”の護衛隊長であり、
       またFOA追跡の長でもあった。

セイル  :“Aileen婦人”
ジャスパー:心優しきAileen婦人は城の傍らに住んでいた。
       部屋は荒らされた形跡、どころじゃないな、略奪されていたよ。

セイル  :“Sherry”
ジャスパー:Aileen婦人の親友だ。どこにいるにせよ、一緒にいるに違いない。
セイル  :“Francesco卿”
ジャスパー:財務長官のFrancesco卿だよ、もちろん。
       彼の御遺体には検死での調査が必要だろうな。


とりあえず写真が残っていた会話だけ。
 
まあそんなわけで、現場を見ることにしました。
現場百回ってヤツですな。1回目だけど。
話を聞いている間にキカちゃんやネギさんなど、さっきまでおしゃべりしていたみなさんが来てくれたので、一緒に回ることになりました。
よかったよかった。

現場は血の海でした。

080713-5.jpg

冒険者の遺体と違って腐りにくい模様です。なんか現場保存のためにしてるのかねえ。

そしてこちらが被害者です。

080713-6.jpg

ワタシは一連のイベントはあんましわかっていないのでアレなんだけど、結構重要な人物だったらしい。
いきなり重要人物が死んじゃってびっくりという展開、なのかしらねえ。
ちなみに机の上にはカードみたいな物が置かれていて、犯行声明文になってました。

大いなる影への敬意を込めたトークン。虚無の永遠なる栄光のために!-FOA

と書かれています。大変律儀だけど目立ちたがりな人々です、FOA。

とりあえず死体をと思ったんだけど、見ようとすると何となく後ろめたい気持ちがしてやる気にならない。
うろうろしていたらネギさんが「検死するのよ」と教えてくれたので検死してみました。
すると。

鋭利な刃物で殺害されている。なにか書類のようなものが被害者のポケットにある。

とでてきました。
ポケットをそろそろと探ると、血まみれの書類を発見。

080713-7.jpg こんなんでました。

まあ、みんな持ってるけど気にするな!

というわけで、ジャスパーさんに見せに行くと。

080713-8.jpg 新しい人か!?

オリビアさんって誰さと聞くと、ムングロのIllusionist's Guildにいる錬金術師だと教えてくれた。Illusionistってことは魔法使いってより幻術使いなのかしらねえ。ギルド名もなかなか奥が深い物ですな。
まあ、知り合いを紹介したと言うところですね。
第一段階はコレでクリアらしいので、次はムングロに行きます。

ムングロでは町から離れたところにある、テレポーターで行くと近いギルドを回りました。
ここは望遠鏡の近くだったかな?
とりあえずご指定のIllusionist's Guildに着きました。

080713-9.jpg

しかーし。
中にはOliviaなんて人はいない。
どこだよううう、と探している間にギンちゃんが来ました。
二人そろってどこだどこだと探してやっと。。。

080713-10.jpg

発見!!
何であんなところに。。。
い、いや、何も言うまい。

テレポで上まで上がり、話を聞くことにします。
血まみれの書類を「読めるようにして欲しい」とお願いすると、オリビアさんは言いました。

080713-11.jpg

やっぱり何かいるのか。。。

で、原料は?と聞いたところ。
以下の2つを持ってこいと言われました。

・Sac of Speckled Poison
 図書館クエの時にインク定着液として使ったやつ。Speckled Scorpionの毒嚢だそうな

・Zoogi Funhus
 転送粉の原材料、アリさんが持ってるキノコ

幸い、ワタシはキノコをたくさん持っていたので、ギンちゃんとムシカ師匠が毒嚢をとってきてくれることになりました。
銀行から戻ってしばらく待ってたんだけど、ギンちゃん達は来ない。
心配になって見に行ったら入れ違いでワタシが死んでしまい、ワタシの分の毒嚢が腐っちゃってまた取ってきてもらったりしてすごい迷惑かけました。
ギンちゃん、ムシカ師匠、すまんす><
本当にありがとううう。

080713-12.jpg

持ってきてもらった物をオリビアさんに渡すと。

080713-13.jpg

毒はすぐ消えちゃうからすごいって褒められた^-^

続けて、清められた本を持って、アルサーラさんに会うよう指示がでました。
Aitharaさんはムーングロウで高名な書記さんだそうな。
書記といったらライキューム。
というわけで、一度町に戻ってライキュームへ行きます。

ライキュームの奥の書庫にアルサーラさんはいました。

080713-14.jpg

エルフ転生のおじさんの近くでした。
むちゃくちゃやかましいから今はだまっとけ!
と思いました。

そしてみんなでアイテム交換。
その時気づいた事実。

しくった。

ワタシまだ浄化してもらってないかもOrz

うわあああん、と泣きながら一人でオリビアさんのところに戻って、キレイにしてもらってまた戻りました。
待っててもらってごめんようう><
急いで渡して解読してもらって、

080713-15.jpg

無事達成!
コレを持ってジャスパーさんのところに戻ってみたけれど、話は聞けないみたいだったし、先が長そうなのでとりあえず今夜はやめました。
ギンちゃん、ムシカ師匠、ありがとう!

080713-16.jpg

また一緒行こうと言って別れました。
次も楽しみにしてます^-^
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。