カエルヒーラーセイルと純エルフサフィのまったりのんびり生活記録
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ことばのかべをぶちやぶれ!?
2008年08月06日 (水) | 編集 |
夕べは無限でまたまた腐りに連れて行ってもらいました。
最近、Tムングロの家の腐りを良く見ます。立地はいいんだけど、小さい家なので人気なくなってきたのかなあ。
昔はTムングロとかいったら一等地だったんだけどねえ。
まあ、無限はTもFも関係ないんだけどさ。

腐りにはいろんな人が来ていて、おもしろかったです。
お話ししたアンブラローブのお兄さんは2分単位で腐りを見守ってきたといいました。
すげー@@
だんだん人が増えてきて、おしゃべりしていたら、IGAのゲキテツさんもきてました。
「みんなで仲良く腐りなんて信じられねえええ!!」
と、叫んでいた姿が印象的です(笑)
そか、腐りってみんなでわいわいやるもんだと思ってたけれど本当は違うのかも知れないねえ。
そんな感じでおしゃべりしていたら、いきなり家がなくなりました。
うわわ!
予定時間を1時間以上早まった腐りでした。
いやー、たまたまいて良かった^^;
そして、先日の腐りの荷物整理をしていたおかげで、バックがいつもより綺麗だったため、結構な数のバルクを拾うことができましたよ^-^
ケロちゃんにあげよう。
喜べ!(マテ
あ、いや、決して裁縫キャラがいないから押しつけようだなんて、そんな。。。
思ったより数も拾えて、ほくほくと帰還したわけです。
その後。
禅都荘で分配していると、先程の腐りにいたにーさんが家の前でくるくるしていました。
お、と思い、ペタさんと私で御挨拶。
「先程腐りでお会いしましたね」
というと、彼はいいました。

「I can't speak japanese」

な、なんですと!?

ちなみに私は英語が苦手です^^;
しかーし。
ぺたさんがよこで英語で話し始めたではないですか!
私もうっかり「hi」とか言っちゃったさあ^^;
そこでしばらく雑談。

ちなみに日本国民は英語での文面の意味を理解できても表現するのは苦手らしい。
いや、周りがそうなんでそう思っただけなんだけど^^;

異国のお客人、Oさんは(名前を読めなかったんじゃない。一応伏せてみただけだ)は服ブレスディードを探してベンダー巡りをしているのだそうな。
服ブレス。
廃止になったんじゃなかったっけ?
ひらめさんにメッセで聞いてみると、 プロパやマジックなももがついているとブレスできないけれど、ただの服などならできるとのこと。
さすがダーリン。頼りになります。

というわけで。
ペタさんが知っている店へのゲートを出したので、ついていくことにしました。
行き先はInt Shopでした。
ちぇりさんところです。
しかし、Oさんはすでにココは回っているとのこと。残念。
「It's my friend shop」
というと、Oさんは「Ohh」と外人らしい反応をしてくれました。
そこで調子に乗ったカエルは「Cherry is cute lady 」と言うと、Oさんはすかさず「hehe」と。そしてカエルもおくれまじと「hehehe」とやりました。
なんて外人らしいワタシ達。
横で呆れているペタさんには内緒です。

その後、クリさんの店に行きました。
クリさんの店は初めてだったとかで、その品揃えに感激していました。私もココのお店は尊敬する店舗の一つなので、自分の店でじゃないのに嬉しかった^-^
無限のすごい店として、外国でも有名になるかも知れません。
しかし、やはり服ブレスは人気商品らしく、在庫がないらしい。
困ったねえ、と話していると。
ペタさんがちぇりさんや他の人と連絡を取り、ルナのダスタ堂ならあるらしいと聞いてきてくれました。

おおお。
これは行くしかないでしょう!

というわけで、ココでルナに移動。
移動したらペタさんには用事が入り、Oさんと二人きりになりました。
うおう、この英語力のないワタシになにをしろと!?

そんなときにパソコンは便利ですなあ。
翻訳ツールを立ち上げましたよ^^;

ダスタ堂で品物を見ていると、やはりベンダーにはないとのこと。
あらしょんぼり。

そんなことを話していると。
先程、腐りで一緒だったアンブラローブの兄さんが来ました。

080805.jpg

実はこちらのお兄さん、ダスタ堂の店主さんでした!
うわー、世間は狭い!
というかむちゃくちゃありがたい!
事情を話すと、アンブラな兄さんは「在庫はあるんだけど高いんだよ」といいました。
翻訳ツールで入れて、説明すると、Oさんは「いくらくらい?」と聞きます。
アンブラの兄さんは「900K」と言いました。
すると、Oさんは「7周年ヘリテイジトークンの相場はいくらですか?」と言います。
聞いてみると、200Kとのことでした。
そう言うと、Oさんは「800K-1000Kはするときいた」といいます。
いや。
ヘリテイジトークンって。
カシワモチのアレだよね?
そんなんたくさんあまってるよ^^;;;
というわけで、「無限では7tokenの市場価格は200Kだそうですよ」と言うと、Oさんは「このトークンと服ブレスを等価交換してくれ」と言いました。
アンブラの兄さんに言うと「ムリ」とのこと。
まあそりゃそうだ。
桜で言われても同じことを言うよ、ワタシャ。
そんなわけで「Impossible」と答えると、Oさんはやっと納得してくれて、いくらだったら売ってくれる?と聞きました。
アンブラの兄さんは「900K」と言います。
さっきそう言ってたやん、と思ってみていると。
Oさんは言いました。

「800Kにしてくれ」

をいをい、初対面の商人にいきなり100Kまけろってアナタ^^;
さすが外人だなあと思ってみていると。

「いいよ」

アンブラの兄さんはあっさりと言いました。

うおう!
なんて太っ腹なんだ!
そんなアナタにカエル感激!!
Oさんもびっくりしていました^^;
いや、案外「700Kでも良かったか」とか思ってたりしてねw

というわけで、お買い物クエストはめでたく終了です。

ダスタ堂でおしゃべりしているときにMoonというこそ泥(こそ泥の名前を載せるのには躊躇ないワタシ)がしきりにワタシの鞄を見ていましたが、何も盗まないのでほっておきました。
のぞき見スキル上げガンバレ。
ワタシの鞄は今日は綺麗なんだ、すまんな。覗くんだったら細かい鞄をたくさん持ってきて入れといてあげれば良かったよ。

お買い物が終わって、Oさんとはまたねと別れました。
ヘンな英語だったので、翻訳ツール使ってるよとカミングアウトし、英語がダメだったからワケわかんなくてごめんね、と翻訳ツールに入れて話したら、笑ってくれましたよ。
またあったところで英語は苦手なのは変わっていないんだろうな。すまぬ。

そんなわけで。
言葉の壁は厚かったというお話でした。

いやー。
個人的な考え方としてはですね。
やはり違う国のシャードにいくんならその国の母国語で話すべきだと思うんだよなあ。
まあ、そんなこと言ってたら韓国シャードとかいけないんだけどさ。
英語もとっさに表現できるようになれるといいなあ。
以外と「市場価格=Market prise」とかとっさにでてこないんだよ^^;

そして。
その後、アパートに来たフェイくんが何も知らずに「hi」と挨拶してワタシに八つ当たりされたのは言うまでもありません。
フェイくん、すまん。
またペット蘇生するから許してね。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。