カエルヒーラーセイルと純エルフサフィのまったりのんびり生活記録
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ハルドゥーンに行ってみよう
2008年11月12日 (水) | 編集 |
夕べのことです。
ぼにょさんが「蜘蛛の巣取るクエストやらない?」と誘ってくれました。
そういえばあの黒い骸骨もこのクエストの一環だったっけか?
せっかくだからとありがたく受け、いろいろ調べて、まずはクエストを受けます。
場所はユーの裁判所。

081111-3.jpg

どっかで見たことある捜査官のジャスパーさん。
メリッサの時にブリのお城で協力しないんならあっち行ってろとか言ってた余裕のないにーさんだな。
まあそれはともかく。
無事にクエストを受けられたので、待ち合わせ場所であるTジェロームに行きました。
ちなみに今回はカエルは無謀なので人型を着込んでみました。似非麒麟がエロ目で可愛いです、はい。

なんとか無事にジェロームにつき、ぼにょさんを発見。

081111-4.jpg

来たってアナタ。
そんなこというならカエルになってやるぜ!
というわけで、カエルになって墓場で待つ。
もちろん黒い骸骨ですよ。
ヤツは絶対この辺に来る!
カエルの勘が告げている!(嘘
とか言ってたら。

081111-5.jpg

ほんとに来た。

いや、冗談です。ぼにょさんが引っ張ってきてくれました。
急いで人型に着替えてEVだして、無事にアイテムGET。
次の段階、ハルドゥーンに進みます。

現地に着くと、先発隊の方々がすでに待っていてくれました。

081111-6.jpg

あ、らびさんもいる♪
知った顔がたくさんいて、にわかに心強くなりました。
これだけたくさんの人がいればカエルでもなんとかなりそうだ(マテ
しかしハルドゥーン内では蘇生ができないと言うので、安全をって人型で進みますよ。

中に入るとすぐのところに彫刻がありました。

081111-7.jpg

この絵を巻物にエッチングしていくんだそうで。
エッチングってどうやってやるんだっけ、と少し調べてみる。
結果。
なんでできるんだ、これでOrz
まあ、水と魚で寿司作る世界に突っ込みを入れてはダメでした、てへ。

というわけで。
要は絵を移していけばいいんだ、んむ。
きっと絵の上に巻物を置くと魔法で絵が写し取れるんだ、間違いない。
そう思うことにして次に進むと。

壁の向こう側の絵を写すようにと言われました。

081111-8.jpg

。。。
どーやって写してるんだ。
ま、まあ、蜂蜜と小麦粉と水でケーキ作れる世界だし(以下省略)
と、気にせずにどんどん行くことにしましょう。

こっちが近道、といったん外にでて別口へのゲートを出してもらいました。

081111-9.jpg

入り口2つもあるのか。すごいな。
2つ目の入り口からはいるとすぐのところに絵がありました。

081111-10.jpg

これを写し、先に進みます。

081111-11.jpg

結構たくさんあるので写す作業も一苦労です。

081111-12.jpg

こことか

081111-13.jpg

こことか

ここなんか正直絵に見えないよと突っ込みたかったが、そんな元気もなく次に進みましたよ。

081111-14.jpg

こことか

081111-15.jpg

こことか

やっと全部写し終えたときには結構へとへとになりました。

それでもまだまだ終わらないのです。
写し終えた絵をまとめると1冊の青い本になりました。分厚くて重たいです。ちょいと真実の書に似てるかな。
コレを持ってハルドゥーンのさらに奥へ進みます。
なんでも血の池に沈めて赤く染めるんだとか。
悪趣味なクエストだな。。。
どんどん進んで血の池を発見。
早速本を投げ込むと。

081111-16.jpg

血に染まって文字が浮かんだそうな。
これが合い言葉だという。
うわー、えぐっ。

とかいってたら。

死にましたよ、てへっ。
中で蘇生できないのに死にましたよ。
うう、みなさんごめんなさい。

急いで外に行くと、蘇生班の方が待機していてくれました。

081111-17.jpg

ありがとうう><
一人じゃなくてよかった。
というか一人だったらぜってー来ねえ!(ひど

蘇生してもらって安心して中に飛び込むと。

081111-18.jpg

見えねえOrz
そういえば装備全部ないんじゃん、と今気づくワタシってパカ。
幸いにもぼにょさんがすぐにNSしてくれました。何から何まですまないねえ。

無事に回収もでき、クエストも次の段階へ。
ハルドゥーンの奥にある穴をくぐって下にいる黒いのと話すんだそうな。
穴?
穴ですか?

081111-19.jpg

穴だ!!

なんか凄いところにきちゃったよ、ひー。
とか思いつつくぐると。

こんなのがいました。

081111-20.jpg

おお、黒騎士っぽいじゃないか。
こんなところで一人で何してるんだ。
と思ったら、なんでも彼はここの管理人だそうな。
管理してるんならモンスターをはびこらせるのはいかがなものかとと思ったけれど、まあ一人で大変そうだったから言いませんでした。
ちなみにこの方。

081111-21.jpg

081111-22.jpg

バイリンガルでした。
同時通訳ナイス! 英語も日本語も通じました。気配りの人でした。

というわけで、教えてもらったジェローム郊外の家に行き、焼け跡にあった日記を読みます。

081111-23.jpg

始め黒い本が探せなくて苦労しました。
まあ、桜でやって2回目だからなんとかなったってのが本音かな。

合い言葉を憶えて、いよいよクモのところに!

081111-24.jpg 突入!!

しかし写真を撮る間もなく、結構大変だと思っていたら。

なぜかコネロスしまくり。
やっと入れても。

081111-25.jpg

死んでいるOrz
1歩歩いては死に、また死に、10回以上やったかなあ。
一番怖いのはモンスじゃなくてコネロスだと思ったひとときでした。
ちなみにパーティ全員同じ状態だったとかで、違うパーティだったひらめさんはまったく影響なかったとか。
助けろよ、と思ったとか言いませんよ、ええ。
そんな中で活躍していたぼにょさんはかっこよかったが、やはり仲良く死んでいました。さすがソウルメイトと思いました。

そんなわけで。
危険なのでまた来ることにして帰ることになりました。

081111-26.jpg

帰りのゲートをくぐったところ。
こんなにたくさん人がいたんだねえ。

最終的にはちぇりさんのところで分配しました。

081111-27.jpg

ワタシも糸とか羽根とかもらった^-^
みなさんありがとー。
蜘蛛の巣に織る日は来ませんが!(家ないからねえ)大事にします。

という夜でした。
楽しかった。ぼにょさんありがと!
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。